アーカイブ | 2月 2017

  • ペニソールと慢性的な睡眠不足と高脂血症

    EDとも呼ばれる勃起不全は、生活習慣病が原因で発症するケースも多いです。 日本で患者数が多い生活習慣病といえば、糖尿病と高脂血症です。 生活習慣病は、心身に様々な影響を与えるので、気付いたら早めに改善することが大事です。 慢性的な睡眠不足状態だと、生活習慣病になりやすいので、睡眠不足にならないように気を付ける必要があります。 高脂血症は、自覚症状がないことが多く、気付いた時には症状が悪化しているケースもあります。 増えた脂質が血管の中にたまると、体の血管が傷つき、動脈硬化を引き起こす危険もあります。 ですから、なるべく定期的に病院で健康診断を受けることが大切です。 糖尿病になった場合は、合併症を防ぐことが大事です。 ペニスを大きくして持続力を高めるサプリメントとして知られるペニソールには、様々な天然ハーブが配合されています。 ペニソールに含まれるシラジットは、アンチエイジング効果や滋養強壮効果、性欲増進効果が期待でき、さらに血糖値をコントロールする働きもあります。 シラジットは、アーユルヴェーダでは万能薬として知られ、人間に必要なミネラルを豊富に含んでいます。 ペニソールに含まれるアシュワガンダは、昔からスーパーハーブと呼ばれ、ストレスに対する抵抗力をつけ、自律神経を正常な状態に整えます。 また、疲労を回復させ、免疫力を向上させます。 アルカロイドが含まれているため、関節炎にも効果的です。 アシュワガンダは、日本でも人気があり、ハーブティーとして飲む人も増えています。 ペニソールには、天然の成分だけが配合されているので、安心して使うことができます。 ペニソールは、食後に服用します。 保管する場合は、涼しい場所で保管することが大事です。